08≪ 2017/09 ≫10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-01-24 (Tue)
14日から大雪だったので京北にはいけず今回は絶対に行くと決めていたので

22日の朝に出発。

タイヤチェーン、軍手、防水防寒着、スコップを積んでいきました。

国道や生活道路は凍結していなかったが家の前の地道は細くて除雪もしていない状態。

4輪駆動に変えてゆっくりと家の前に到着したが、ガレージに60㎝ぐらい積もった雪。

入れるかなと思っているとパパは無理やりバックして何度も切り返し入れました。

さて、家に入ろうにも階段も埋まり、門扉も開けらレない状態。

門を乗り越えて雪かきをしようとしたところ、滑って転んでしまいました。

雪がクッションになってくれたので怪我せず助かりました。

1週間たった雪は上が凍っているため歩きずらく、雪かきも氷の塊で重くヘトヘト。

何とか門が開けれるようになったのでワンたちをランに出すと

みんな嬉しいのではしゃぎ過ぎて麗季は途中で後ろ足が冷えてゆうことが効かなくなり

動けなくなってしまいました。

ビックリしたのか体中が震えだしたので抱きかかえて部屋に入りました。

部屋の中もマイナスの気温でファンヒーターをつけても全然暖かくなりません。

しばらくヒーター前に麗季を温めてパパと私は荷物を降ろして大変疲れました。

もう一泊しようかと思っていたけどまた大雪の予想だったので月曜日に帰ることした。

月曜日、昼で気温がマイナス。

帰る用意をしていると、一匹の犬が門の前にいた。

柴犬風の中型犬、首輪なし。

冬場は猟が行われるので、猟犬の可能性がある。

“どこから来たの?お家に帰りなさい”と言うと山の方に帰っていた。

何処から来たのかなと思っていたらまた戻ってきた。

身体には所々剥げている箇所があった。

捨てられたのか逃げ出してきたのかわからない。

帰る時間が迫っていたのでどうすることも出来ず帰ってきた。

ごめんね、どうすることも出来なくてと帰ってから落ち込んだ。

来週、また会えたら保護します。保護してあげないといけないよね。

だって人間の勝手で捨てられてるんだから。







* Category : ランにて
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。