[Edit]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[Edit]

もう、嫌だ~。

今日も朝からよいお天気でした。

暑さも半端なく、片付けに汗をカキカキ。

2時半頃に晴れているのに雷が・・・。

また、また、雨降るの?

洗濯物を急いで取り入れてるとだんだん暗くなり

雷も近づいてきて雨がポツリ、ポツリ。

パパは雨の中ゲンチャリで仕事に出かけて行きました。

そのあとから、雷と大雨。

気象情報を確認してると大雨、洪水警報が出た。

家の前の水路を確認するとまだ水は多くない。

しばらくしてると土砂災害なんちゃらって出てくる。

昨日と一緒じゃないか、不安、不安。

毎日、毎日、午後になると雨ばかりで気が気じゃない。

明日も同じような天気図。

また警報が出るのか。

明日は京北の予定をしていたけど

今の状況でおばあちゃんを1人にはできないので

今週は見送ることになりました。

ワン達もストレスが溜まってるだろうなぁ~。

ゴメンネ、来週は行こうね。・・・行けるかなぁ~。


スポンサーサイト

[Edit]

後片付け

暑いですね。でも文句は言いません。

床下に溜まった泥がかたまり始めたせいか臭い。

泥の匂いや色んなものの匂いが混ざっているよな・・・。

泥は1CMぐらい堆積しているので取り除くかどうするかで

頭の中が混乱状態。

災害対策本部に聞くと“取らないよりは取ったほうがいい”と言われますが

取るとなるとそれはそれは大変な作業になる。

畳の部屋は畳を上げればいいが、問題はフローリングの部屋。

フローリングってどこを剥がすの?とか

剥がしたあとってどうするの?とかわからへ~ん。

素人じゃわからないので建築の人に見に来てもらった。

すると、想像してたよりはマシだそうです。

床下ファンが付いていたけど水没して壊れてるので

新たに取り付けてもらうことで泥は取らないことになりました。

これで一安心です。

床下収納を外して扇風機で風を送る方がいいらしいけど

そうすると粉塵がまって咳き込んでくるのでそれもせず。

おばあちゃんが落ちたり、ワン達が落ちても困るからね。

今日も夜に雷と大雨で不安になり、何も手につかない状態になっちゃった。

そんな時、アブーママから電話がかかってきて

“今、テレビで土砂災害なんちゃらがでてたから大丈夫?”って。

“何かあったら京北でワン達を預かってあげるよ”って言ってくれて

とても安心しました。ありがと~。

その電話で不安もなくなり、ゆっくり寝れそうです。

週末は気分転換に京北に行く予定です。

朝から草抜きを頑張ります。


[Edit]

夏の恐怖体験 2

14日の水害でパパはお仕事を休んで掃除に明け暮れていたが

徹夜状態だったので夜8時頃にはグロッキーとなりおやすみになさい。

おばあちゃんも“生きてるか~”と思うぐらい爆睡。

ワン達は異常な雰囲気を感じ取っているのか大人しくハウス。

私も朝から食べる事もせず夜パンをかじりバタンキューとなりました。

15日、外を何度掃除をしてもどこからか泥が出てくるのでその都度

水をまいて掃除ばかり。

すると役所の災害対策の方が当時の状況を聞きにきた。

腰までぐらいの水が道路を川にして一気に流れていた事などを説明して

今後の対策に必要なことを話した。

今回は想定外の雨の量で誰しもがいい教訓になったと言ってるが

これから先にも同じような事、もしくはそれ以上の事が起こり得ると

考えて対処して欲しいと伝えた。

そして、今回は朝方でみんな寝ていて起きたら水が入ってきていたと

言う人達が多くいた事を伝えた。

そして、地域の集会場が浸水しているから

もし避難できても避難場所が危険な所にあるので

安全な所に避難場所を作って欲しい事。

そして昔からある用水路からの水が溢れているので

もう一度見直して欲しい事などを伝えた。

災害対策の方はデーターをまとめて対処していくようにしますと

言ってくれて帰っていった。

しばらくすると数人のグループの方が歩いてきたので

“ボランティア方ですか?”と聞くと“はい、そうです。”と

言われたので、地域のお手伝いに来てくれたので

“ご苦労様です、ありがとう”と言うと

ニッコリ笑って、“いいえ”と言ってくれた。

本当にありがたいですね。

まだまだ復旧してない所が多く、山間部では孤立している所もあり

救援物資はヘリで搬送されてるらしい。

一日も早く復旧してくれる事を願います。

今回のことで、どんなに暑くても太陽が出ている方がいいと

思うようになりました。

[Edit]

夏の恐怖体験

14日の午前0時頃から雷と雨がすごくなってきたので

パソコンはせずに寝ることにした。

ぐっすり寝ていた私はパパの怒鳴り声で目が覚めた。

“いつまで寝てるんや、何度も電話したのに・・・。”

私は何がなんだか分からず、ボーとしていたら

“水が入ってきてるんや”って・・・?

何?何?水?・・・。

そうです、大雨で道が川になって水が侵入してきてたんです。

時間は午前3時半でした。

パパは家の前までバイクで入れなくて、借りているガレージが

自宅より高いところだったのでそこから電話を何度もしていたらしいんです。

でも私は超熟睡中で、雷や雨の音さえも聞こえずひたすら寝ていたらしい。

仕方がないので歩いて家に入ってきたらしく、メチャメチャ怒ってる。

“よくあの雷の音でも寝てられるな”なんて言われる始末。

でも時間の猶予がないのは起きてからわかり

とりあえず必要なものを2階に上げることになり

寝起きの私に何を持って上がるのかを聞いてくる。

“え~っと、まず、犬のエサ、犬の薬、犬のサプリメント、リード”

それから、静喜のお骨とおばあちゃんと父のお位牌と飲み物とパン”

それ以上は思い浮かばないわと言って外を窓越しに見ると

そこは濁流でどんどん水かさが増してきていた。

それを見て恐怖を感じた。

とにかく2階に退避して119番へ電話をしたが繋がらず

110番に電話をしたらつながったので状況を説明して

警察から119に連絡するとのことで電話を切ると

外には濁流に腰まで浸かってバイクを押している新聞配達のお兄さん。

窓を開けて“この先はもっと水の勢いが激しいから行ったらあかんよ”と

大声で言うと“もう動けない”って言う。

ロープを探して渡そうとしても届かない

目の前で人が流されるのなんて見たくないから

“頑張り!!ゆっくり前の家の玄関口に辿りついたら階段があるから

少しは流れが遮れるよ”と言うと

ゆっくり、ゆっくり避難できたので一安心。

そして、警察から電話がかかってきて

“119は繋がらないです・・・。”

“わかっとるわ、そんなこと”と思いながら

“一人住まいのお年寄りは2階に上がれないから

なんとかしてあげて欲しいし、ここより低いところは

きっと1階も水に浸かってると思うからなんとかできない”

“なんとか考えます”と言って電話が切れた。

消防、警察はいっぱい、いっぱいのようなので

近くの自衛隊駐屯地に電話をした。

状況を話して、行政に働きかけて欲しいと訴えた。

すると“わかりました、行政に連絡してみます”と言ってもらえた。

次は、行政に電話をすると対策室とゆうところにつながった。

“ここの他も浸水していたりしていて、対策をねっています。”

“自衛隊に要請出したら、もう自衛隊に電話したよ”

“それも検討中ですので・・・。”

“検討してる間に人が死んでゆくんよ、わかってるの”とゆうと

“早急に対応します”と慌てた様子で切れた。

そうこうしてるあいだも水はどんどん増えていく

恐怖の何者でもない。雷は鳴り、雨もどんどん降ってくる。

そんな中、どこから来たのか車がまたまた濁流に方に行こうとしている

近所の人たちで、“あかんよ、そっち行ったら死んじゃうよ”と言って

元の方に行ってもらった。

またまた、警察に電話をして、

“分からずに水かさのあるところに行く車があるので通行を止めて

でないと危険すぎる”と言って対応してもらった。

状況がわからないのは本当に怖くて不安で仕方がなかった。

少し空の雲が切れだし、雨も小降りになってきた頃

おばあちゃんが“しんどくなってきた。息苦しいから横になりたい。”と言い出すが

ベッドは1階なので無理、それでも1階に降りると言い出す。

血圧を図ると高くなっていたので、救急車を要請して病院へ

でもいつも通っている病院は川を渡らないと行けないので

危険なのでちがう病院へ行くことに

道路は渋滞していて、泥があちらこちらにあった。

病院へ着くなり、救急隊の一人が

“私の鞄がない”って言いだし、私の家に忘れたらしい。

“すぐに戻って取りに行くからお家の方に連絡して下さい”って。

相当、気が焦っていたんでしょうね。

おばあちゃんは色々と検査をしてもらったが

きっとショックで一時的に血圧が上がったのではとの診断。

それからいつも通っている病院へ行って透析をしてもらった。

私はパパが一人で掃除をしてくれているので急いで家に帰ると

キッチンの床下収納を出して、床下に溜まった水の量を確認中。

やはり15CMぐらい泥水が溜まっていた。

ライトで奥の方を照らすと見える範囲内でも相当な量。

ポンプで水を汲み出している間に近所のお家の状況を聞きに行った。

隣のお家とその隣は床上浸水だった。

私の家は三方が道路で入口前の道路の先は用水路があり

その用水路の水がまともにきていたが、塀がブロックだったので

水の浸入を塞いでくれたから床上浸水にならなかったみたい。

ブロック塀の外は腰以上の泥水が濁流になっていたが

ブロック塀の内側の庭は水が足首ぐらいで収まっていた。

よく水圧に耐えてくれたものだと感心しています。

水がひくのは思っていたより早かった事と

ライフラインが普通に使えた事、そして地域でのケガ人などが

でなかったことが幸いです。

みんな言うのは“今までにこんな事なかったし考えられないよね”って。

よくニュースで見ていた映像が実際に自分に降りかかるとは

考えもしていなかったし、防災について色々と考えるきっかけに

なったと思います。



[Edit]

次々に・・・。

毎日、暑いですね。

2日程前から夜は少し暑さがましになっているようですが

ワン達にしてみれば暑いようでクーラーは欠かせませんね。

今日、プリちゃんのお別れをしてきました。

美人さんで眠っているようでした。

お空でもモテモテさんだねって言ってお別れをしてきました。

さて、我が家のワンコ達はシニア勢ぞろい。

麗季はマムシに噛まれる前にメラノーマの再発が見つかりました。

犬歯の横ぐらいに小豆より少し小さめのが1個。

手術をすると顎を取らないといけないらしく

手術はせずに温存で様子をみることにしました。

それに麗季は去勢手術の時に麻酔が合わなくて

呼吸が止まっていることもあるので危険だと判断をした為です。

そして、天騎ですが、今年12歳。

昨日、血尿がでたので病院へ行くと膀胱炎らしいです。

所構わずオシッコをしてしまいます。

これは膀胱炎からの頻尿のせいもあるけど

ちょっとボケてきているようにも感じられます。

オシッコを出したあとの顔が、“あ~あ、スッとした”

みたいな顔をして、いけないことをした反省が見えません。

怒っても仕方ないので、オムツを履かせるようにしました。

すると、慣れていないから歩き方がへんで

階段は“これじゃ、上がれないよ”みたいな顔をします。

ちょっと、ワガママになってきているようにも感じますが

お年寄りだから我慢、我慢ですね。

次々に病気が出てきているので次は誰かな?なんて思う毎日です。

[Edit]

ありがとう、プリちゃん

今日、モモママから電話がかかってきました。

お友達のプリちゃんが虹の橋に旅立ったと。

突然の事でビックリしました。

6月に会った時は元気だったので残念です。

怖がりでパパとママが大好きだったプリちゃん。

パパとママもプリちゃんが大好きだったよ。

寂しくなってしまったけどお友達になってくれてありがとう。

忘れないからね。

お空の上からパパとママを見守ってあげてね。

また、会える日までバイバイ。

ご冥福をお祈りします。

[Edit]

気をつけましょう。

暑い日が続いていますがお変わりありませんか。

節電の夏ですが、クーラーをかけずにはいられません。

麗季は元気に過ごしていますが、京北で夜にランに出ると

そそくさお家に入っていきます。あの痛さを思い出すんでしょうね。

今日、自宅でお昼の用意をしていた時にピンポーンとチャイムが。

カメラ付きインターホンに映ったのが工事関係の人のようで

昨日から周辺を工事されてる人かと思い出てみた。

その人が“水道管のサビを取る作業をしますので

10分~15分ぐらい水道が止まりますが”と言うので

私は“そうですか、わかりました。”と言った。

すると“水道栓はどこにありますか?”と言うので案内をした。

すると“配管はどのようになってますか”と言われたので

私は、配管?エッ、公共工事じゃないの?と思ったので

“公共工事じゃないの?”と聞くとその人は

“公共工事は道路です、私は個人の配管のサビ取りに来ました”って。

“頼んでませんよ”と言うと“サービスですよ”だって。

“サービスなら拒否することもできますよね”と言うと

“はい、できます。”と言ってどこかに行ってしまった。

怪しいでしょ、絶対怪しい。

そう思ったので、警察に電話をかけたら警察官が来てくれた。

またこれがイケメン警官。

状況を話して人相、服装等々を伝えたら

“周辺を見てきて何か問題がないかを確認してきます”と言って

ミニパトで近所を確認しに行かれた。

暫くするとイケメン警察官が来て

“言われていた人達を見つけて職務質問をして話を聞くと

仕事が欲しくて今回はサービスで作業をしてその仕事ぶりで

新しく仕事を貰おうとしていたと言ってるんですが

不審点はあるので今回は厳重注意ということで

今後、同じような事があれば本署で事情を聞く事になりました。”

“本人確認、車の確認、事業所確認もしてますので安心して下さい。”と。

ありがとう~。最近は物騒なのですぐに対応してくれた事に感謝です。

でも、同じ警察でも地域によっては対応が異なるんですよね

以前、住んでいた所の警察はひどかったよ。

まずは騙されないようにしないとね。

みなさんも気をつけてくださいね。

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

プロフィール

あうるママ

Author:あうるママ
ラブ2頭&ビーグル1頭と生活してます。
ゆっくり・のんびりの日常を綴っていきます。
時々、お空の4頭の思いでも・・・。

旅立ち

いくつになったの

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

素材屋さん

hima_bana.png
banagif.gif
88-31.gif
bana3.gif

FC2カウンター

マウスについてくる犬の足跡

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。